【30代独身女】マッチングアプリ、50代男性との低俗過ぎる揉め事と性生活についての悩み

【30代独身女】マッチングアプリ、50代男性との低俗過ぎる揉め事と性生活についての悩み

使用しているアプリはTwitterのトップにあります😊↓コメントで聞いて頂ける事がありますが気になる方は見てみて下さい🌸

色々なアプリが存在していますが、個人によって使い易さや好みが異なる為、最初は大手のアプリを幅広く試してみる事をおすすめします📱🙇🏻‍♀️
私はアプリを始めた当初は大手のアプリを一気に8個程インストールして、一通り使ってみました。マメではないのでその中で自分が使い易く感じたものだけに絞って使っています🙇‍♀️
(業者についても見分け方を私の知っている範囲で⬇️下の方に記載させて頂きました)

コメントは承認制を採用しています。コメントの承認までお時間数日いただく場合がありますがご了承ください😌🍀コメントはAIが監視しているみたいなのであっち系のワードを承認できなくなっています。折角コメント頂けたのに申し訳ないです。悪気は無いのでご理解いただけると助かります🙇🏻‍♀️
コメント頂けたのに、時間やメンタルの関係で全てのコメントにお返事できない事があります。申し訳ございません。コメントは貰えると、とても嬉しいので欲しいです🥺!!
なるべく元気な時にはお返事させてください☺️

動画内の飲食店↓
https://www.bronco.co.jp/
ここ最近行き始めましたが、サラダバーあるのとハンバーグも美味しくて感動しました😭
ランチタイム(開店〜16:00)が安くてオススメです🥹✨

質問箱↓
https://peing.net/ja/spittingpoison
質問くれた方ありがとうございます☺️尺の関係で全ての質問にお返事できていないですが、ピックアップして動画に使わせてください。

音声や編集について問題ありましたら教えてください🙇‍♀️✨

業者を見分ける方法(私が数年使用していて出会った男性から聞いた話です🫧)

1女性からの積極的なメールは怪しいので注意が必要
2直ぐにLINEやカカオに誘導してくる人は業者の可能性が高い(もしも交換する場合はQRコードで交換するようにして下さい🙇🏻‍♀️IDだと悪用される危険性があるので)
3会う事になった場合、場所を指定してきて動かない
4最初だけ○円とかいう人は高確率で業者らしいです
4日本語がおかしい所がある。会話が通じない
5『プロフ検索』から女性を検索かけると一般女性の可能性が高いらしいです
※私の場合は掲示板募集かけたり募集をかけている男性で嗜好が合いそうな人とだけ連絡をとっていますので一概には言えませんが・・
6使用キャリアが『PC』だと業者の可能性が高い
7希望のタイプが『20代〜70代』など幅広い
※誰でもOKみたいな女性は怪しいです
8エ○いことばかり書いている
9業者などは運営側が退会処分に力を入れているらしいので数日様子を見ていると退会処分に追い込まれている事が多い様です。なので直ぐに会うのではなく数日様子を見てみて下さい
10 1日に何度も掲示板で募集をかけている
11 無料で情報を検索できる裏掲示板なるものが存在しています。そこで女性のIDの検索をかけてみて下さい『プラチ◯クラスDB』『プロ◯ィールDB』←確か6種類程のアプリについて調べられたと思います
※業者等の怪しい女性はここで情報提供されている場合があります。ですが、男性がお気に入りの女性を隠したい為にわざと業者と書いたり、有る事無い事デタラメを書く事も結構多いらしいので参考程度に見てみて下さい。
使い方は以下の動画の後半(11:20-)にあるので良かったらみてみて下さい。⏬

12 私が使用している所の話にはなりますが課金額に応じて会員ランクがあるらしく、ランクが高くなると相手のログイン情報やメールの送受信人数、登録日時などが見える様になるらしいです。(他のアプリの仕様は分からずです。ごめんなさい🙇🏻‍♀️)
業者は送受信人数がとても多いらしいので判別がつきやすいそうです。私は1番上のランクの男性に出会った事があって、その人から聞いた情報によると女性が大◯の掲示板で募集をかけている時のみ、その女性に対して他の男性会員がメモした内容(お気に入りの内容とブラックリストの内容)が丸見えになるそうで、そこを参考にも出来るらしいです(今は特典の内容が変わっているかもしれないです)(メモの内容は他言すると権利を剥奪される可能性がある為他言されない様にして下さい)が、無料の裏掲示板でも情報提供がされている事も多い為、情報目当てだけで1番上の会員になる必要は無いと仰っていました。ただ、1番上のランクは付与ポイントがかなりお得で1度1番上のランクになると下がることは無いらしいので1番上のランクになる必要は大いにあるとその男性は言っていました。